ライフセービング漬けのゴールデンウィーク

世間は10連休と浮かれているなか、僕はいつもと変わらずライフセービング漬けのゴールデンウィークを過ごしていた。

世間の連休は僕にとってはむしろトレーニングに集中できる期間である。

これから始まるレースシーズンに向けて、余す事なく充実した期間を過ごすことができた。

種目別選手権の会場、御宿で実施

6月に開催される、”全日本ライフセービング種目別選手権大会”。この会場と同じ、千葉県御宿ビーチで合宿を行った。

大会会場と同じ場所で行いレースのイメージ・シミュレーションをすることを目的とした合宿だ。

一緒にトレーニングを行ったのは、僕の所属する湯河原ライフセービングクラブのメンバー。

大学生がほとんどで、彼らの多くは種目別選手権は大学のクラブとして出場するのだが、10月の全日本選手権のためのチームビルディングとしても、意味のあった合宿であったと思う。

今回の合宿は特にレースを想定したものを中心とした。
慣れない千葉のビーチの波や地形を確かめるように、何本も何本も。
本番を想定し、質の良いトレーニングを積むことができた合宿となった。

全日本フィンスイミング選手権大会

2週間後に行われれる、全日本ライフセービング・プール競技選手権に向けて、同じ会場で行われるフィンスイミングの全日本選手権に出場した。

2週間前に似た状況でレースができることは、良いイメージ作りに非常に良いことである。

結果としては、100mJビーフィン(ライフセービングスペックのフィンでも出場して良い、非公式種目)で優勝(日本新記録)、50mJビーフィンで準優勝。という成績を残すことができた。

2週間後のレースに向けて良いステップを踏むことができたとともに、フィンスイミングにも少しずつ楽しさを見出せてきた。

来年は、この大会でも勝負をしにいきたいと考えている。

静岡サーフカーニバル

ゴールデンウィーク最終日には、静岡県相良サンビーチで行われた静岡サーフカーニバルに出場してきた。

リレー種目のみで行われてる非公式の大会ではあるものの年々参加者を増やし、盛り上がりを見せている大会である。

レース自体が国内では非常に少ないライフセービングスポーツで、非公式とはいえどレース経験を積める事は非常に有益であると考え、出場を決めた。

しかも今回は主催者の計らいで、タップリンリレー(スイム・ボード・スキーを1人ずつ行うリレー)に1人で出場してもよいことになり、それにあやかって初めての挑戦をさせてもらった。

本気で優勝を狙ってチャレンジしたが、結果は3位。

後輩の学生チームにも僅差で敗れてしまった・・・悔しい(笑)

来年も是非1人リレーにチャレンジさせていただき、リベンジを果たしたい。

 

 

ゴールデンウィークも終わり、これからいよいよ日本のライフセービングシーズンが始まる。

大会だけでなく、夏もすぐそこだ。

ライフセーバーとしての夏を迎えるのも今年で13年目。今年も新しい学びや経験ができるのは間違いない。

どんなシーズンになるか楽しみだ!!

 

ライフセーバー
西山俊
この記事を見た人が、少しでもライフセービングについて理解を深めてもらえたら幸いです!
↓のSNSでも、ほぼ毎日僕の活動を更新しています。ぜひフォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です