ライフセービング世界選手権とは。。。ライフセーバーの世界選手権なんてあるの?

ライフセービングの世界選手権!?

 

あまり知られていないが、ライフセービングスポーツは2年に1度、世界選手権が行われている。

Lifesaving World Championships。

略してLWC。

今年は2018年なので、LWC2018だ。

 

世界から約50カ国。4000人以上のライフセーバーが集まり競技する、世界最高峰の大会だ。

そんなに多くの国にライフセービングスポーツがあるのか、と驚くばかりだけど、

日本はその中でも、前大会では総合8位という

好成績を残している国のひとつというのも、あまり知られていない事実である。

 

世界各国で行われるライフセービングスポーツ最高峰の大会

 

世界選手権というくらいだから、この大会は世界中で行われている。

僕が今まで出場しただけでも

■エジプト(2010年)
■オーストラリア(2012年)
■フランス(2014年)
■オランダ(2016年)

と、様々な国で行われている。

大会会場や運営方法など、その国ごとの特徴が現れるのがひとつの楽しみなのだが

特に初めての出場でエジプトというのは衝撃的だった。(笑)

地中海でライフセービングスポーツをする事なんて、今後も一生無いと思う。

以外にもビーチ文化が発展しているエジプト

 

そして今年2018年は・・・オーストラリア。

ライフセービングが最も発展しており、僕が一番大好きな海外の国だ。

2012年もオーストラリアで行なった。まだ僕の記憶に新しい思い出だ。

世界選手権では何を競い合うのか

 

ライフセービングスポーツとは

2018.07.09

 

でライフセービングスポーツは大きくプール競技とオーシャン競技に分けられると説明したが、

この大会ではどちらの種目も行う。

プールとオーシャンで計20種目以上の競技を行い、各種目のポイント合計しその合計で

世界最強の国を決める大会だ。

プールもオーシャンもどちらも行う。僕が出場する種目は平均して12・3種目

しかも出場人数の制限は男女各6人。

この限られた人数の中で、全ての種目を満遍なく上位入賞しないと、総合順位は上がらない。

秀でた個人がいるだけでなく、どういうバランスで選手を采配するかなど、

選手の選考するところから、国の戦略がとても重要になるのだ。

 

選手選考の厳しさ、そして難しさ。。。

 

こういった理由から、選手の選考はとても難しい。

何かひとつ飛び抜けていて、例えば個人種目で優勝できる種目があったとしても

総合ポイントの事を考えるとその人が選考されるとは限らない。

あくまでチーム全体の、6人のバランスが重要なのだ。

チームの方針や作戦も、その時の監督をはじめとした選考委員会の意向次第。

何が理由で選ばれるのかも、何が理由で落とされるのかもハッキリとしたものは分からない。

僕も毎回、選考の時期はソワソワしてたまらない。

僕がビーチリレーに出場することだってあります。

 

しかし今回の世界選手権。

僕は日本代表選手として無事選出され、世界と戦うチケットは手に入れた。

あとはそこで最高のパフォーマンスを出すのみだ。

またこの緊張感を味わえることに感謝

 

世界選手権に向けての歩みも、不定期だがこのブログで残していければと思う。

 

 

この記事を見た人が、少しでもライフセービングについて理解を深めてもらえたら幸いです!
↓のSNSでも、ほぼ毎日僕の活動を更新しています。ぜひフォローをお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です