ライフセービングってなんだ?

ライフセービング?

■ライフセーバーなら聞いたことある、監視員さんのことでしょ?

■海とかでキワドイVパン水着履いてるお兄さんでしょ?

■昔プールでバイトしたことあるよ!

・・・間違いではないです!

ページ上段のライフセービングって?にまとめてあるのですが

ライフセービングというのはライフセーバーの活動そのもの

ライフセーバーというのは、水辺の事故防止に努める人たちのことです。

黄色と赤のユニフォームが目印

 

具体的に何してる人たちなの?

ライフセーバーときくと、溺れている人を助けたり

海やプールの監視をしているイメージが大きいかもしれないですが

それはたくさんの活動のなかのほんの一部にしかすぎません。

※日本ライフセービング協会HPから引用
(皆さんがイメージしているのはおそらく”救命”の部分)

 

大きく大別するだけでも5種類に分けられ、特に真ん中の3つ

■教育
■救命
■スポーツ

これらを柱として活動を展開しています。

 

目的は?

水辺の事故ゼロです!!

日本国内では、年間に約1000人弱ほどの人が水難事故により亡くなっています。

その約7割は海で発生し、全件数の約4割は海水浴シーズンの7・8月に起きています。

まさに、ですね。(執筆時2018年7月)

日本は島国として水に囲まれ

マリンレジャーもとても親しまれている国にもかかわらず

悲しい現実が起きているのも事実です。

こうした事故を未然に防ぎ、少しでも減らすための活動が

ライフセービングなんです。

 

起きてしまった事故から人を助ける(救命)だけではなく

そもそも事故を起こさないために、一般の方や子供達に水辺の安全教育を実施したり

一般の方々に心肺蘇生やAEDの取り扱い方法の講習を行なったり(教育)

救助の技術や体力を競い、高め合うためのライフセービングスポーツを実施し(スポーツ)

多角的な面から水辺の事故ゼロを目指している活動です。

 

 

僕も1人のライフセーバーとして水辺の事故ゼロに少しでも貢献できるよう

様々な活動を行ないライフセービング活動の認知や普及に向けて努力しています。

これからいよいよ海水浴シーズンが始まるので

ライフセーバーとしては一番緊張が高まる時期です!

気を引き締めて、事故なく夏を過ごせるように頑張ります!

 

この記事を見た人が、少しでもライフセービングについて理解を深めてもらえたら幸いです!

 

 

↓のSNSでも、ほぼ毎日僕の活動を更新しています。ぜひフォローをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です